8割が利用意向!Webサービスでの非常時連絡

2011/05/09 11:00

カテゴリー

  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  • livedoorクリップに追加
  • del.icio.us
  • nifty
  • Buzzurl
  • イザ!
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このページを行き先登録
  • newsing it!
Webサービスの非常時利用に関する意識調査

【グラフ】Webサービスの非常時利用に関する意識調査「今後、非常事態の連絡手段としてWebサービスを利用したいと思いますか?」
【通常のグラフをご覧になりたい方はこちらをクリックしてください】

東日本大震災発生後、電話回線の混雑から通話規制がかかり、すぐに利用できないという事態が起こった。一方、インターネット電話やボイスチャットなどの“Webサービス”では連絡が取れたというが、利用者はどのくらいいたのだろうか。今後の利用意向についても合わせて調査を実施。回答者は被災地域を除く20代から40代のインターネットユーザー1,193名。調査実施日は4月15日。

インターネット回線を利用して、他者と連絡可能なWebサービスのアカウントを「持っている」のは回答者のうち74.5%。男性(70.7%)よりも女性に多く78.7%が所持者だった。また、40代では68.6%、30代では78.9%、20代では82.1%と下の年代ほど高比率となる特徴が見られた。

これらアカウント所持者に、3月11日の地震発生後、誰かと安否確認の連絡を取る手段としてWebサービスを利用したか尋ねたところ、38.5%が「利用した」と回答。男性(34.7%)より女性の利用率が高く42.2%と、7.5ポイントも上回っている。さらに、40代では34.4%、30代では40.9%、20代では43.7%と下の年代ほど高く、アカウント所持率が高い属性ほど、利用率も高い傾向が見られた。一方、「利用していない」は全体の36.0%、地震発生後に「安否確認をした相手がいない」は25.5%という結果に。

では、今後の利用意向についてはどうだろうか。非常事態の連絡手段として今後Webサービスを利用したいと思うかとの問いに、回答者全体の35.6%が「とても利用したい」と答えた。「利用を検討したい」は42.5%で、合計78.1%が利用意向を持っていることが明らかに。ここでも男性(76.4%)より女性の利用意向割合が高く80.0%を占めている。また、40代では75.6%、30代では79.4%、20代では84.0%と下の年代ほど割合が高い点も同様だ。なお、Webサービスのアカウント所持者では90.1%、未所持者でも43.1%が利用意向を示した。

今回の震災を受け、経済産業省は公共機関による民間のソーシャルサービスを利用した情報発信を推進している。今後は身近な人の安否確認手段としてはもちろん、公共機関からの情報収集手段という点からもWebサービスが注目を集めそうだ。

調査はネットマーケティングを展開する株式会社アイシェアが、同社の提供するサービス会員をパネラーとして行った。
<調査データ>

インターネット回線(携帯電話・固定電話以外)を利用して、他者と連絡可能な“Webサービス”のアカウントを持っていますか?<択一>(n=1193)

答え 全体 男性 女性 20代 30代 40代
回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合
持っている 889 74.5% 441 70.7% 448 78.7% 87 82.1% 430 78.9% 372 68.6%
持っていない 304 25.5% 183 29.3% 121 21.3% 19 17.9% 115 21.1% 170 31.4%

【Webサービスアカウント所持者 限定】3月11日の地震発生後、誰かと安否確認の連絡を取るための手段としてWebサービスを利用しましたか?<択一>(n=889)

答え 全体 男性 女性 20代 30代 40代
回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合
利用した 342 38.5% 153 34.7% 189 42.2% 38 43.7% 176 40.9% 128 34.4%
利用していない 320 36.0% 180 40.8% 140 31.3% 23 26.4% 136 31.6% 161 43.3%
安否確認をした相手がいない 227 25.5% 108 24.5% 119 26.6% 26 29.9% 118 27.4% 83 22.3%

3月11日の地震後、電話回線の混雑から通話規制がかかり、電話がなかなか繋がらない、メールが遅延するという事態が起こりました。一方、mixiなどのSNSやTwitter、SkypeなどのWebサービスは利用可能で、連絡が取れた人も多かったというニュースが報道されています。 今後、非常事態の連絡手段としてWebサービスを利用したいと思いますか?<択一>(n=1193)

答え 全体 男性 女性 20代 30代 40代
回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合
とても利用したい 425 35.6% 198 31.7% 227 39.9% 44 41.5% 206 37.8% 175 32.3%
利用を検討したい 507 42.5% 279 44.7% 228 40.1% 45 42.5% 227 41.7% 235 43.4%
利用しないと思う 261 21.9% 147 23.6% 114 20.0% 17 16.0% 112 20.6% 132 24.4%
答え 全体 (Webサービスのアカウントを)持っている 持っていない
回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合
とても利用したい 425 35.6% 408 45.9% 17 5.6%
利用を検討したい 507 42.5% 393 44.2% 114 37.5%
利用しないと思う 261 21.9% 88 9.9% 173 56.9%
※小数第二位で四捨五入
<調査対象> 有効回答数|1,193名
調査日|2011年4月15日
男女比|男性:52.3% 女性:47.7%
年代比|20代:8.9% 30代:45.7% 40代:45.4%

※男女別・年代別に集計
※パネルは同社無料メール転送サービス「CLUB BBQ」の会員
※記事にはデータを元に解析された数値が用いられる場合があります

トラックバック(1件)

このリサーチに対するトラックバックURL

Confirming one’s safety online(世論 What Japan Thinks)2011/05/10 23:46

リサーチのお問い合わせ
リサーチのお問い合わせ
rTYPEアプリをリリースしました

注目記事

コンタクト購入店・満足店ともに大差で「アイシティ」がNo.1 ~昨年に続き2年連続トップ

昨年実施したコンタクトレンズ購入店に関する意識調査。約1年後の現在はどのように利用店や満足店が変化し…

イクメンの親バカ行動1位は ~「子どもの写真を携帯の待受画面にしている」

現在では一般的に浸透してきている“イクメン”という言葉。“育児を積極的に行う男性(メンズ)”や“子育…

鼻づまりは大損?「クチがポカン」で魅力50%以上ダウン

今年もまもなく花粉飛散のピークがやってくる。花粉症で毎年鼻づまりとの戦いに苦慮している人も少なくない…