決めるのは自分?家族?臓器提供の意思表示

2010/10/27 11:00

カテゴリー

  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  • livedoorクリップに追加
  • del.icio.us
  • nifty
  • Buzzurl
  • イザ!
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このページを行き先登録
  • newsing it!
臓器提供の意思表示に関する意識調査

臓器提供の可否は?意思未表示者の4割が「今後は意思表示したい」
 ~家族が脳死に……でも意思未表示だったら?提供判断分かれる


【グラフ】臓器提供の意思表示に関する意識調査「2010年7月17日に改正臓器移植法が施行され、本人の意思表示がなくとも家族の承諾があれば、脳死患者(15歳未満も可)から臓器提供が行える状態です。 あなたは今後、臓器提供の意思表示をしたいと思いますか?
【通常のグラフをご覧になりたい方はこちらをクリックしてください】

2010年7月17日に改正臓器移植法が施行され、本人の意思表示がなくとも家族の承諾があれば、脳死患者(15歳未満も可)から臓器提供が行えるようになった。このニュースの認知度と、臓器提供の意思表示の実態について、ネットユーザーを対象に調査を実施。20代から40代の男女431名から回答を得た。

回答者のうち、臓器移植法が改正されたことを「知っている」としたのは80.3%で、「知らない」としたのは19.7%と少数。男性の76.6%に対し、女性では85.0%と認知度が高い。また、20代では73.2%、30代では81.9%、40代では85.2%と上の年代ほど認知度が高まる傾向が見られた。

では、実際に臓器提供の意思表示をしている人はどのくらいいるのだろうか。現在、臓器提供意思表示カードやシールへの記入、運転免許証や被保険者証への記入、またはインターネットを通じた登録により、臓器提供の可否について意思表示をしているか尋ねたところ、「している」人は18.3%と2割に満たなかった。意思表示者の理由では、「誰かの役に立ちたい」「家族が判断に迷うといけないから」などの回答が複数(自由回答)。なお、意思表示者のうち84.8%が臓器移植法改正前の「2010年7月17日以前」から意思表示をしており、以前から関心を高く持っていたようだ。

対して、臓器提供の意思表示を「していない」人に今後の意思表示意向を尋ねたところ、意思表示を「したい」としたのは37.8%、「したくない」が62.2%という結果に。「したい」理由では、「もし人の役に立つことになるのならその方が嬉しいから」など、意思表示者と同様の理由を挙げる人が多いなか、「自分の意思に反して臓器提供をされては困る」「臓器提供したくないから」など、対する意向を理由に挙げる人もいた。一方、意思表示を「したくない」理由では、「残された家族の気持ちに任せたいから」「まだどうしていいかわからない」といった声が複数。また「脳死でも回復する可能性があるなら臓器は提供したくない。でもこの意思を表示すると世間から非難されそうなので、表示しない」といった意見も挙げられている(自由回答)。

このように意思表示を「したくない」人も多いが、もし家族が臓器提供の意思表示をしないまま脳死状態になった場合、どのような判断をすることになるだろうか。想定してもらい、自分が家族の臓器を臓器移植希望患者へ提供することに同意すると思うか尋ねたところ、「絶対にする」と答えた人が3.5%、40.6%が「たぶんする」と回答。合計で44.1%が同意意向を示した。同意意向者は、女性で37.4%だったのに対し、男性では49.2%と11.8ポイントも高い。

対して、同意を「絶対にしない」としたのは13.2%、「たぶんしない」は42.7%で、不同意意向者は合計55.9%となった。不同意意向者は、20代で53.5%、30代で55.9%、40代で58.0%と上の年代ほど多くなっている。

なお、臓器提供の意思表示を「していない」人では同意意向者が38.6%だったのに対し、「している」人では68.4%にのぼっており、意向の差が大きく分かれる結果に。

もしもの事態は、予測し得ない時にやってくるもの。その時に家族が悩まないよう、臓器提供の意思について一度家族で話し合ってみてはいかがだろうか。

調査はネットマーケティングを展開する株式会社アイシェアが、同社の提供するサービス会員をパネラーとして行った。
<調査データ>

2010年7月17日に改正臓器移植法が施行され、本人の意思表示がなくとも家族の承諾があれば、脳死患者(15歳未満も可)から臓器提供が行えるようになりました。このように臓器移植法が改正されたことを知っていますか?<択一>(n=431)

答え 全体 男性 女性 20代 30代 40代
回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合
知っている 346 80.3% 187 76.6% 159 85.0% 104 73.2% 104 81.9% 138 85.2%
知らない 85 19.7% 57 23.4% 28 15.0% 38 26.8% 23 18.1% 24 14.8%

現在、臓器提供意思表示カードやシールへの記入、運転免許証や被保険者証への記入、またはインターネットを通じた登録により、臓器提供の可否についての意思表示をしていますか?<択一>(n=431)

答え 全体 男性 女性 20代 30代 40代
回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合
している 79 18.3% 47 19.3% 32 17.1% 29 20.4% 22 17.3% 28 17.3%
していない 352 81.7% 197 80.7% 155 82.9% 113 79.6% 105 82.7% 134 82.7%

【臓器提供意思表示している方 限定】臓器提供の意思表示はいつから行っていますか?<択一>(n=79)

答え 全体 男性 女性 20代 30代 40代
回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合
2010年7月17日以前 67 84.8% 37 78.7% 30 93.8% 26 89.7% 20 90.9% 21 75.0%
2010年7月17日以降 12 15.2% 10 21.3% 2 6.3% 3 10.3% 2 9.1% 7 25.0%

【臓器提供意思表示していない方 限定】2010年7月17日に改正臓器移植法が施行され、本人の意思表示がなくとも家族の承諾があれば、脳死患者(15歳未満も可)から臓器提供が行える状態です。 あなたは今後、臓器提供の意思表示をしたいと思いますか?<択一>(n=352)

答え 全体 男性 女性 20代 30代 40代
回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合
したい 133 37.8% 71 36.0% 62 40.0% 39 34.5% 42 40.0% 52 38.8%
したくない 219 62.2% 126 64.0% 93 60.0% 74 65.5% 63 60.0% 82 61.2%

もし家族が臓器提供の意思表示をしないまま脳死状態になってしまったら、あなたは家族の臓器を臓器移植希望患者へ提供することに同意すると思いますか?<択一>(n=431)

答え 全体 男性 女性 20代 30代 40代
回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合
絶対にする 15 3.5% 13 5.3% 2 1.1% 8 5.6% 3 2.4% 4 2.5%
たぶんする 175 40.6% 107 43.9% 68 36.4% 58 40.8% 53 41.7% 64 39.5%
たぶんしない 184 42.7% 96 39.3% 88 47.1% 51 35.9% 51 40.2% 82 50.6%
絶対にしない 57 13.2% 28 11.5% 29 15.5% 25 17.6% 20 15.7% 12 7.4%
答え 全体 (現在、臓器提供の意思表示を)している していない
回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合
絶対にする 15 3.5% 10 12.7% 5 1.4%
たぶんする 175 40.6% 44 55.7% 131 37.2%
たぶんしない 184 42.7% 17 21.5% 167 47.4%
絶対にしない 57 13.2% 8 10.1% 49 13.9%
※小数第二位で四捨五入
<調査対象> 有効回答数|431名
調査日|2010年10月6日~12日
男女比|男性:56.6% 女性:43.4%
年代比|20代:32.9% 30代:29.5% 40代:37.6%

※男女別・年代別に集計
※パネルは同社無料メール転送サービス「CLUB BBQ」の会員
※記事にはデータを元に解析された数値が用いられる場合があります

トラックバック(2件)

このリサーチに対するトラックバックURL

Organ donation law reform in Japan(世論 What Japan Thinks)2010/10/30 23:48

臓器提供の意思表示に関する意識調査(メディア掲載実績 | リサーチのrTYPE[アイシェア])2010/11/05 16:14

リサーチのお問い合わせ
リサーチのお問い合わせ
rTYPEアプリをリリースしました

注目記事

コンタクト購入店・満足店ともに大差で「アイシティ」がNo.1 ~昨年に続き2年連続トップ

昨年実施したコンタクトレンズ購入店に関する意識調査。約1年後の現在はどのように利用店や満足店が変化し…

イクメンの親バカ行動1位は ~「子どもの写真を携帯の待受画面にしている」

現在では一般的に浸透してきている“イクメン”という言葉。“育児を積極的に行う男性(メンズ)”や“子育…

鼻づまりは大損?「クチがポカン」で魅力50%以上ダウン

今年もまもなく花粉飛散のピークがやってくる。花粉症で毎年鼻づまりとの戦いに苦慮している人も少なくない…