目のトラブルは大丈夫?重要視されるアイメイク

2010/06/25 11:00

カテゴリー

  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  • livedoorクリップに追加
  • del.icio.us
  • nifty
  • Buzzurl
  • イザ!
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このページを行き先登録
  • newsing it!
アイメイクでのトラブルに関する意識調査

若いほど最重要視のアイメイク!目のトラブルの実態は……
 ~アイメイク重要視する人ほど「気をつける」けど目のトラブル多数


【グラフ】アイメイクでのトラブルに関する意識調査「メイクをする際に最も力を入れる部分はどこですか?」
【通常のグラフをご覧になりたい方はこちらをクリックしてください】

女性が印象的な目力を演出する際などに行う「アイメイク」。しかし、デリケートな部分だけに目を傷つけてしまう場合があるという。その実態について、20代から40代の女性ネットユーザーを対象に調査を行い、436名の回答を集計した。

回答者のうち、アイメイクを『する』人は「必ずする(27.8%)」「することが多い(20.9%)」「たまにする(24.3%)」の合計72.9%。20代では82.2%、30代では69.6%、40代では69.4%と若い年代ほど『する』割合が上がっている。

アイメイクを『する』人に、メイクをする際に最も力を入れる部分はどこか聞いたところ、1位が「ベースメイク」で44.3%、2位が「アイメイク」で37.1%、3位が「アイブロウ」で12.6%という結果に。しかし、年代別では順位に変化が見られ、20代では46.4%、30代では40.9%の支持を得て「アイメイク」が1位と、若い年代ほど重視する傾向が見られた。また、アイメイクを『する』人のうち、アイメイクは顔の印象を左右する重要なポイントだと「とても思う」とした人は65.1%、「少し思う」とした人は34.9%。「まったく思わない」という人は1人もおらず、誰もが認める重要ポイントであることは確かなようだ。

最近ではアイメイクのひとつとして、マスカラだけではなく、つけまつげやまつげパーマ、まつげエクステンション(以下、まつげエクステ)をする女性もいるという。その経験率を確認したところ、アイメイクを『する』人のうち、つけまつげ経験者は19.8%。まつげパーマ経験者は16.7%、まつげエクステ経験者は4.7%という結果に。

続けて、これらを含めたアイメイクが原因で目にトラブルを起こした経験について尋ねると、「トラブルで病院に行ったことがある」人が1.6%、「病院には行っていないがトラブルはある」という人が10.7%で、合計12.3%がトラブル経験者だった。トラブル経験者は、アイメイクが顔の印象を左右する重要なポイントだと思う度合いが強いほど多く、「とても思う」人では13.5%を占めている。具体的なトラブルの内容では、「目がかゆくなった」「炎症がおきて腫れた」「充血・角膜に傷がついた」「目に傷がついて治らなくなり、視力が落ちた」といったものが挙げられた(自由回答形式)。

では実際のところ、アイメイクを『する』人は目のトラブルが起きないように配慮しているのだろうか。尋ねたところ、「とても気をつけている」とした人は18.6%、「少し気をつけている」人は56.3%と半数を超え、合計74.8%もの人が『気をつけている』と回答。また、アイメイクが顔の印象を左右する重要なポイントだと思う度合いが強いほど『気をつけている』人が多く、「とても思う」とした人では79.2%と高比率だ。気をつけている人は多いが、重要と思うあまりに力が入ってか、トラブルを起こす人も多くなるという実情が浮かび上がった。

目を美しく見せるためのアイメイクだが、それが原因で目にトラブルが起こっては本末転倒。重要視している人ほど改めて注意をしたほうがよさそうだ。

調査はネットマーケティングを展開する株式会社アイシェアが、同社の提供するサービス会員をパネラーとして行った。
<調査データ>

メイクをするとき、アイメイクはしますか?<必須・択一>(n=436)

※「アイメイク」にはアイシャドウ、アイライナー、マスカラを含む(アイブロウは除外)
答え 全体 20代 30代
回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合
必ずする 121 27.8% 37 31.4% 41 25.9%
することが多い 91 20.9% 33 28.0% 29 18.4%
たまにする 106 24.3% 27 22.9% 40 25.3%
まったくしない 118 27.1% 21 17.8% 48 30.4%

【アイメイクをする方 限定】メイクをする際に最も力を入れる部分はどこですか?<必須・択一>(n=318)

答え 全体 20代 30代
回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合
ベースメイク 141 44.3% 43 44.3% 44 40.0%
アイメイク 118 37.1% 45 46.4% 45 40.9%
アイブロウ 40 12.6% 4 4.1% 15 13.6%
リップメイク 14 4.4% 4 4.1% 5 4.5%
チークメイク 3 0.9% 1 1.0% 1 0.9%
その他 2 0.6% 0 0.0% 0 0.0%

【アイメイクをする方 限定】アイメイクは顔の印象を左右する重要なポイントだと思いますか?<必須・択一>(n=318)

答え 全体 20代 30代
回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合
とても思う 207 65.1% 65 67.0% 72 65.5%
少し思う 111 34.9% 32 33.0% 38 34.5%
まったく思わない 0 0.0% 0 0.0% 0 0.0%

【アイメイクをする方 限定】つけまつげをすることはありますか?<必須・択一>(n=318)

答え 全体 20代 30代
回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合
必ずする 2 0.6% 2 2.1% 0 0.0%
することが多い 3 0.9% 1 1.0% 0 0.0%
たまにする 58 18.2% 25 25.8% 24 21.8%
したことがない 255 80.2% 69 71.1% 86 78.2%

【アイメイクをする方 限定】以下の中でしたことがあるものを教えてください。<必須・択一>(n=318)

答え 全体 20代 30代
回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合
まつげパーマ 44 13.8% 9 9.3% 20 18.2%
まつげエクステとまつげパーマ両方 9 2.8% 1 1.0% 6 5.5%
まつげエクステ 6 1.9% 2 2.1% 3 2.7%
どれもしたことがない 259 81.4% 85 87.6% 81 73.6%

【アイメイクをする方 限定】アイメイクが原因で、目に炎症が起きる、目に傷がつくなど、目のトラブルにあったことはありますか?<必須・択一>(n=318)

答え 全体 20代 30代
回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合
トラブルで病院に行ったことがある 5 1.6% 0 0.0% 4 3.6%
病院には行っていないがトラブルはある 34 10.7% 12 12.4% 13 11.8%
ない 279 87.7% 85 87.6% 93 84.5%
答え 全体 (アイメイクは顔の印象を左右する重要なポイントだと)とても思う 少し思う
回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合
トラブルで病院に行ったことがある 5 1.6% 5 2.4% 0 0.0%
病院には行っていないがトラブルはある 34 10.7% 23 11.1% 11 9.9%
ない 279 87.7% 179 86.5% 100 90.1%

【アイメイクをする方 限定】アイメイクをする際に、目に炎症が起きる、目に傷がつくなど、目のトラブルが起きないよう気を付けていますか?<必須・択一>(n=318)

答え 全体 20代 30代
回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合
とても気をつけている 59 18.6% 17 17.5% 23 20.9%
少し気をつけている 179 56.3% 60 61.9% 63 57.3%
まったく気をつけていない 80 25.2% 20 20.6% 24 21.8%
答え 全体 (アイメイクは顔の印象を左右する重要なポイントだと)とても思う 少し思う
回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合
とても気をつけている 59 18.6% 44 21.3% 15 13.5%
少し気をつけている 179 56.3% 120 58.0% 59 53.2%
まったく気をつけていない 80 25.2% 43 20.8% 37 33.3%
※小数第二位で四捨五入
<調査対象> 有効回答数|436名
調査日|2010年6月7日~10日
男女比|女性:100.0%
年代比|20代:27.1% 30代:36.2% 40代:36.7%

※男女別・年代別に集計
※パネルは同社無料メール転送サービス「CLUB BBQ」の会員

トラックバック(1件)

このリサーチに対するトラックバックURL

アイメイクでのトラブルに関する意識調査(メディア掲載実績 | リサーチのrTYPE[アイシェア])2010/07/02 11:22

リサーチのお問い合わせ
リサーチのお問い合わせ
rTYPEアプリをリリースしました

注目記事

コンタクト購入店・満足店ともに大差で「アイシティ」がNo.1 ~昨年に続き2年連続トップ

昨年実施したコンタクトレンズ購入店に関する意識調査。約1年後の現在はどのように利用店や満足店が変化し…

イクメンの親バカ行動1位は ~「子どもの写真を携帯の待受画面にしている」

現在では一般的に浸透してきている“イクメン”という言葉。“育児を積極的に行う男性(メンズ)”や“子育…

鼻づまりは大損?「クチがポカン」で魅力50%以上ダウン

今年もまもなく花粉飛散のピークがやってくる。花粉症で毎年鼻づまりとの戦いに苦慮している人も少なくない…