ストレスレベル高い人は2度寝の常連?

2010/04/09 11:00

カテゴリー

  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  • livedoorクリップに追加
  • del.icio.us
  • nifty
  • Buzzurl
  • イザ!
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このページを行き先登録
  • newsing it!
2度寝に関する意識調査

2度寝経験者の8割は2度寝で幸せ気分満喫!
 ~ストレス「レベル5」では2度寝「よくある」4割半に


【グラフ】2度寝に関する意識調査「2度寝をしている間は、幸せな気分になりますか?」
【通常のグラフをご覧になりたい方はこちらをクリックしてください】

朝目覚まし時計に起こされたものの、つい“2度寝”してしまった経験がある人はどれくらいいるのだろうか。2度寝についてネットユーザーに意識調査を行い、20代から40代の男女515名の回答を集計した。

回答者が現在感じているストレスを5段階レベル(レベル1=ストレスなし~レベル5=とても強いストレスを感じる)で表してもらうと、「レベル1」は7.6%、「レベル2」は20.2%、「レベル3」は34.8%、「レベル4」が25.8%、「レベル5」が11.7%。ややストレスを感じている人が多いようだ。

時間や予定を気にせず「思いきり眠りたい!」と思うことはあるか聞いたところ、「毎日思う」は全体の42.1%。「毎日ではないがよく思う」人の29.1%と「たまに思う」人の21.4%を合わせた92.6%が「思いきり眠りたい!」と『思う』ことがわかった。ストレスレベルが増すほどその願望は強く、「毎日思う」の割合を見ると「レベル1」では23.1%だが、「レベル5」では71.7%と高比率。

そのようなネットユーザ全体に2度寝をすることはあるか聞いたところ、「よくある」が33.6%、「たまにある」が54.0%で、合わせて87.6%もの人が『ある』と回答。ストレスレベル別では、「レベル5」で「よくある(43.3%)」が「たまにある(38.3%)」を上回っている。忙しさや睡眠不足など、強いストレスの要因と2度寝には何らかの関連があるのかもしれない。

2度寝経験者に、2度寝をしている間は、幸せな気分になるか聞いたところ、「とてもなる」が31.7%、「わりとなる」が50.3%で、『なる』としたのは合計82.0%。性別・年代別問わず8割を超える結果となった。

なお、2度寝による失敗経験が「ある」人は63.4%。この失敗経験者に、特に「これは大失敗だった」と思う経験を自由回答形式で聞くと、「重要な会議が入っていた日に会社に遅刻」「出社時間に起きた」といった仕事関係が多数。また「飛行機の乗り遅れ」も目立ち、中には「ツアーの飛行機に乗りそびれて、自腹でチケットを買う羽目になった」という人も。「大学の定期テストに間に合わなかった」「楽しみにしていたコンサートが終わっていた」といった、2度寝で熟睡してしまったために大事な予定を流した経験談も見られた。

調査はネットマーケティングを展開する株式会社アイシェアが、同社の提供するサービス会員をパネラーとして行った。
<調査データ>

現在あなたが感じているストレスをレベルで表すとどのくらいですか?<必須・択一>(n=515)

※レベル基準:レベル1=ストレスなし~レベル5=とても強いストレスを感じる
答え 全体 男性 女性 20代 30代 40代
回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合
レベル1 39 7.6% 25 8.5% 14 6.3% 18 11.6% 10 5.6% 11 6.0%
レベル2 104 20.2% 52 17.7% 52 23.4% 39 25.2% 27 15.2% 38 20.9%
レベル3 179 34.8% 106 36.2% 73 32.9% 46 29.7% 64 36.0% 69 37.9%
レベル4 133 25.8% 73 24.9% 60 27.0% 34 21.9% 55 30.9% 44 24.2%
レベル5 60 11.7% 37 12.6% 23 10.4% 18 11.6% 22 12.4% 20 11.0%

時間や予定を気にせず「思いきり眠りたい!」と思うことはありますか?<必須・択一>(n=515)

答え 全体 男性 女性 20代 30代 40代
回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合
毎日思う 217 42.1% 115 39.2% 102 45.9% 71 45.8% 78 43.8% 68 37.4%
毎日ではないがよく思う 150 29.1% 80 27.3% 70 31.5% 43 27.7% 55 30.9% 52 28.6%
たまに思う 110 21.4% 71 24.2% 39 17.6% 24 15.5% 36 20.2% 50 27.5%
思わない 38 7.4% 27 9.2% 11 5.0% 17 11.0% 9 5.1% 12 6.6%
答え 全体 (現在感じているストレスは)レベル1 レベル2 レベル3 レベル4 レベル5
回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合
毎日思う 217 42.1% 9 23.1% 31 29.8% 69 38.5% 65 48.9% 43 71.7%
毎日ではないがよく思う 150 29.1% 5 12.8% 31 29.8% 57 31.8% 47 35.3% 10 16.7%
たまに思う 110 21.4% 9 23.1% 35 33.7% 43 24.0% 17 12.8% 6 10.0%
思わない 38 7.4% 16 41.0% 7 6.7% 10 5.6% 4 3.0% 1 1.7%

2度寝をすることはありますか?<必須・択一>(n=515)

答え 全体 男性 女性 20代 30代 40代
回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合
よくある 173 33.6% 95 32.4% 78 35.1% 62 40.0% 55 30.9% 56 30.8%
たまにある 278 54.0% 157 53.6% 121 54.5% 74 47.7% 101 56.7% 103 56.6%
まったくない 64 12.4% 41 14.0% 23 10.4% 19 12.3% 22 12.4% 23 12.6%
答え 全体 レベル1 レベル2 レベル3 レベル4 レベル5
回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合
よくある 173 33.6% 9 23.1% 32 30.8% 67 37.4% 39 29.3% 26 43.3%
たまにある 278 54.0% 15 38.5% 61 58.7% 94 52.5% 85 63.9% 23 38.3%
まったくない 64 12.4% 15 38.5% 11 10.6% 18 10.1% 9 6.8% 11 18.3%

【2度寝経験者 限定】2度寝をしている間は、幸せな気分になりますか?<必須・択一>(n=451)

答え 全体 男性 女性 20代 30代 40代
回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合
とてもなる 143 31.7% 81 32.1% 62 31.2% 39 28.7% 54 34.6% 50 31.4%
わりとなる 227 50.3% 125 49.6% 102 51.3% 75 55.1% 73 46.8% 79 49.7%
ならない 81 18.0% 46 18.3% 35 17.6% 22 16.2% 29 18.6% 30 18.9%

【2度寝経験者 限定】2度寝をしたことで、失敗してしまった経験はありますか?<必須・択一>(n=451)

≪失敗例:会社の会議に遅刻した、約束していた予定を潰した など≫
答え 全体 男性 女性 20代 30代 40代
回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合
ある 286 63.4% 153 60.7% 133 66.8% 90 66.2% 91 58.3% 105 66.0%
ない 165 36.6% 99 39.3% 66 33.2% 46 33.8% 65 41.7% 54 34.0%
※小数第二位で四捨五入
<調査対象> 有効回答数|515名
調査日|2010年3月19日~25日
男女比|男性:56.9% 女性:43.1%
年代比|20代:30.1% 30代:34.6% 40代:35.3%

※男女別・年代別に集計
※パネルは同社無料メール転送サービス「CLUB BBQ」の会員

トラックバック(2件)

このリサーチに対するトラックバックURL

2度寝に関する意識調査(メディア掲載実績 | リサーチのrTYPE[アイシェア])2010/04/14 19:06

Stress levels and sleep in Japan(世論 What Japan Thinks)2010/04/20 23:15

リサーチのお問い合わせ
リサーチのお問い合わせ
rTYPEアプリをリリースしました

注目記事

コンタクト購入店・満足店ともに大差で「アイシティ」がNo.1 ~昨年に続き2年連続トップ

昨年実施したコンタクトレンズ購入店に関する意識調査。約1年後の現在はどのように利用店や満足店が変化し…

イクメンの親バカ行動1位は ~「子どもの写真を携帯の待受画面にしている」

現在では一般的に浸透してきている“イクメン”という言葉。“育児を積極的に行う男性(メンズ)”や“子育…

鼻づまりは大損?「クチがポカン」で魅力50%以上ダウン

今年もまもなく花粉飛散のピークがやってくる。花粉症で毎年鼻づまりとの戦いに苦慮している人も少なくない…