ネットユーザー賛否両論!ダウンロード違法化の開始

2010/01/26 10:00

カテゴリー

  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  • livedoorクリップに追加
  • del.icio.us
  • nifty
  • Buzzurl
  • イザ!
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このページを行き先登録
  • newsing it!
ダウンロード違法化の決定に関する意識調査

ダウンロード違法化開始で違法行為「減ると思う」でも……!?
 ~罰則規定については賛否両論「罰則を設けたほうがいい」3割


ダウンロード違法化の決定に関する意識調査「改正著作権法の施行による「ダウンロード違法化」で、インターネットを介した著作権を侵害する音楽や映像のダウンロードやアップロードは
詳細なデータは、アイシェアのリサーチ公開サイト「rTYPE」でご覧いただけます。
【通常のグラフはこちらをクリックしていただくとご覧いただけます】

2010年1月に改正著作権法が施行されたことより、アップロードだけではなく、著作権侵害のコンテンツを私的利用目的でダウンロードすることも禁じられるようになった。この「ダウンロード違法化」の開始についてネットユーザーはどのように考えているのだろうか。20代から40代の男女を対象に調査を行い、443名の回答を集計した。

まず、最も多い楽曲購入方法をたずねた。最も割合が高かったのは「新品のCDを購入」で50.3%。「インターネットでダウンロード購入」は10.4%、「中古のCDを購入」は9.9%で、合計すると70.7%は楽曲を『購入する』としている。一方、「まったく購入しない」という人は全体の29.3%であった。20代では「インターネットでダウンロード購入」が14.7%と高く、30代(8.8%)と40代(8.2%)を6ポイント以上上回っている。

次に、著作権侵害だと思われるダウンロードコンテンツ(音楽・映像)に出会った経験があるかたずねた。「ある」と答えたのは実に全体の60.7%。20代では69.9%、30代では60.3%、40代で53.8%と若い年代ほど経験者が多かった。このような回答者達だが、改正著作権法の施行による「ダウンロード違法化」開始についての認知率はどれくらいなのだろうか。全員に聞いたところ、「知っていた」のは全体の46.0%と半数以下だった。しかし、ここでも若い年代ほど認知率が高く、20代では55.9%にのぼっている。

今回開始された「ダウンロード違法化」に罰則規定はなく、本人が違法性を認知していなければ法律は適用されないそうだ。このことについて、回答者の30.5%が「罰則を設けたほうがいい」とし、35.9%が「この法律のままでいい」と回答。「ダウンロード違法化をやめたほうがいい」は33.6%と意見が分かれた。だが、男性と20代では「ダウンロード違法化をやめたほうがいい」が40%を超えて最多の支持に。30代では「この法律のままでいい」が最も多く41.9%、40代では「罰則を設けたほうがいい」が35.7%で最も高い。性別・年代により受け止めかたに大きな違いがあるようだ。

それぞれの理由を自由回答形式で聞いたところ、「罰則を設けたほうがいい」とする人からは、「個人のモラルを期待しても、罰則が無ければなくならない」「著作権保護は重要」「『知らなかった』としらばくれる人が出てくる」などの意見が多数挙げられた。「この法律のままでいい」とする人では、「違法か判断付けづらいものもあるから」「知らずにダウンロードしてしまう場合がある」「現行法が浸透してから罰則を設けてもいいのでは」「抑止力があり、適度な厳しさだと思う」といった意見が多い。「ダウンロード違法化をやめたほうがいい」とする人からは、「ダウンロードするまで中身が分からないので違法か判断できない」「冤罪を生み出す可能性がある」「インターネットの持つ自由な性質が損なわれる」などの声が多く挙げられている。

「ダウンロード違法化」の開始により、著作権侵害のコンテンツのダウンロードやアップロードは減ると思うかとの質問に、「減ると思う」としたのは全体の12.6%。「一時的には減ると思う」が47.4%と最も高く、合わせると60.0%が『減る』と回答した。「変わらないと思う」との意見は38.1%で、「増えると思う」は1.8%という結果に。罰則規定については意見が分かれるようだが、「ダウンロード違法化」は一定の効果があると見ている人が多いようだ。

調査はネットマーケティングを展開する株式会社アイシェアが、同社の提供するサービス会員をパネラーとして行った。


■関連調査:ダウンロード違法化に関する意識調査(2008年10月31日)
<調査データ>

楽曲はどのように購入することが多いですか?<必須・択一>(n=443)

答え 全体 男性 女性 20代 30代 40代
回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合
新品のCDを購入 223 50.3% 124 47.7% 99 54.1% 62 45.6% 75 55.1% 86 50.3%
中古のCDを購入 44 9.9% 20 7.7% 24 13.1% 8 5.9% 15 11.0% 21 12.3%
インターネットでダウンロード購入 46 10.4% 30 11.5% 16 8.7% 20 14.7% 12 8.8% 14 8.2%
まったく購入しない 130 29.3% 86 33.1% 44 24.0% 46 33.8% 34 25.0% 50 29.2%

インターネット上で、著作権侵害だと思われるダウンロードコンテンツ(音楽・映像)に出会ったことはありますか?<必須・択一>(n=443)

答え 全体 男性 女性 20代 30代 40代
回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合
ある 269 60.7% 174 66.9% 95 51.9% 95 69.9% 82 60.3% 92 53.8%
ない 174 39.3% 86 33.1% 88 48.1% 41 30.1% 54 39.7% 79 46.2%

2010年1月、改正著作権法が施行されました。今後は著作権者の許可なくインターネット上にアップロードされた音楽や映像を、私的利用目的でダウンロードすることも禁じられます。改正著作権法の施行による「ダウンロード違法化」が開始されたことをあなたは知っていましたか?<必須・択一>(n=443)

答え 全体 男性 女性 20代 30代 40代
回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合
知っていた 204 46.0% 138 53.1% 66 36.1% 76 55.9% 60 44.1% 68 39.8%
知らなかった 239 54.0% 122 46.9% 117 63.9% 60 44.1% 76 55.9% 103 60.2%

改正著作権法の施行により「ダウンロード違法化」はされましたが、罰則はなく本人が違法性を認知していなければ法律は適用されないそうです。このことについてどう思いますか?<必須・択一>(n=443)

答え 全体 男性 女性 20代 30代 40代
回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合
罰則を設けたほうがいい 135 30.5% 64 24.6% 71 38.8% 27 19.9% 47 34.6% 61 35.7%
この法律のままでいい 159 35.9% 89 34.2% 70 38.3% 50 36.8% 57 41.9% 52 30.4%
ダウンロード違法化をやめたほうがいい 149 33.6% 107 41.2% 42 23.0% 59 43.4% 32 23.5% 58 33.9%

改正著作権法の施行による「ダウンロード違法化」で、インターネットを介した著作権を侵害する音楽や映像のダウンロードやアップロードは減ると思いますか?<必須・択一>(n=443)

答え 全体 男性 女性 20代 30代 40代
回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合
減ると思う 56 12.6% 36 13.8% 20 10.9% 15 11.0% 15 11.0% 26 15.2%
一時的には減ると思う 210 47.4% 121 46.5% 89 48.6% 59 43.4% 68 50.0% 83 48.5%
変わらないと思う 169 38.1% 97 37.3% 72 39.3% 57 41.9% 52 38.2% 60 35.1%
増えると思う 8 1.8% 6 2.3% 2 1.1% 5 3.7% 1 0.7% 2 1.2%
※小数第二位で四捨五入
<調査対象> 有効回答数:443名
調査日:2010年1月5日~8日
男女比:男性:58.7% 女性:41.3%
年代比:20代:30.7% 30代:30.7% 40代:38.6%
パネル:無料メール転送サービスCLUB BBQの会員

トラックバック(2件)

このリサーチに対するトラックバックURL

Illegal music downloads in Japan(世論 What Japan Thinks)2010/01/29 15:41

ダウンロード違法化の決定に関する意識調査(メディア掲載実績 | リサーチのrTYPE[アイシェア])2010/01/30 10:30

リサーチのお問い合わせ
リサーチのお問い合わせ
rTYPEアプリをリリースしました

注目記事

コンタクト購入店・満足店ともに大差で「アイシティ」がNo.1 ~昨年に続き2年連続トップ

昨年実施したコンタクトレンズ購入店に関する意識調査。約1年後の現在はどのように利用店や満足店が変化し…

イクメンの親バカ行動1位は ~「子どもの写真を携帯の待受画面にしている」

現在では一般的に浸透してきている“イクメン”という言葉。“育児を積極的に行う男性(メンズ)”や“子育…

鼻づまりは大損?「クチがポカン」で魅力50%以上ダウン

今年もまもなく花粉飛散のピークがやってくる。花粉症で毎年鼻づまりとの戦いに苦慮している人も少なくない…