場所規制により花火難民?

2009/08/03 12:00

カテゴリー

  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  • livedoorクリップに追加
  • del.icio.us
  • nifty
  • Buzzurl
  • イザ!
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このページを行き先登録
  • newsing it!
花火難民に関する意識調査

花火禁止場所が多い!23区住居者の5割
 ~適切だと思うのは時間規制


花火難民「禁止場所多い?」
詳細なデータは、アイシェアの市場調査ページ「rTYPE」でご覧いただけます。
【通常のグラフはこちらをクリックしていただくとご覧いただけます】

各地で続々と花火規制条例が行われているが、ネットユーザーの見解はどのようなものだろうか。20代から40代の男女を対象に調査を実施、563名の回答を集計した。回答者の居住地は「東京23区(15.3%)」、「23区以外の東京(7.1%)」、「100万人都市(24.9%)」、「100万人都市以外の地域(52.8%)」。

全体の81.0%が子どもの頃「年に数回はしていた」花火だが、20代では「ほとんどしなかった(21.7%)」、「しなかった(4.2%)」の数値が高め。大人になった今でも花火をしたいと思うことがあるのは女性と30代、40代に多く、それぞれ7割を超えていた。

花火禁止の場所が多いと感じたことが「ある」のは38.5%で、東京23区住居者では52.3%、100万都市住居者でも42.9%が「ある」と回答。また、今でも花火をしたいと思うことがある人では46.9%が禁止場所の多さを感じており、いざ花火をしたいと思っても場所に困った経験を持つ人も少なくなくないようだ。

自治体の中には公園や河原などの場所ごとに花火に関するルールを定めているところがあるが、近隣に住宅がある場合、最も適切だと思う規制はどれかを選んでもらったところ「すべての花火を時間規制する」(午後10時~午前6時の花火遊びを禁止など)が30.4%でトップ。「音の出る花火を時間規制する(20.1%)」(午後10時~午前6時の花火遊びを禁止するなど)が2位となった。「個人でマナーを守ればいいので規制は特に必要ない」は16.3%にとどまり、ある程度のルールは必要とする人が多数派のようだ。

花火への関心度別に見ると、花火をしたいと思うことが「ない」人の1位が「全面的に花火を禁止する(23.5%)」と、厳しいものであるのに対し、花火をしたいと思うことが「ある」人では「すべての花火を時間規制する(34.1%)」が1位となった。しかし、「個人でマナーを守ればいいので規制は必要ない」に関しては花火をしたい人の数値が低く、なんらかの規制をした方がよいとの考えを持っている人が花火をしたいと思わない人よりも多かった。

本来ならば規制ではなく、モラルやマナーにより花火を楽しむのが理想だろうが、ルールを設けることで花火をする人、しない人の相互理解につながるのであれば、不便に思える花火規制も悪い面ばかりとはいえないのかもしれない。

ネットマーケティングを展開する株式会社アイシェアが、同社の提供するサービス会員をパネラーとして行った。
<調査データ>

現在お住まいの地域を教えてください<必須・択一>(n=563)

答え 全体 男性 女性 20代 30代 40代
回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合
東京23区 86 15.3% 46 15.8% 40 14.7% 27 14.3% 28 15.6% 31 15.9%
23区以外の東京 40 7.1% 24 8.2% 16 5.9% 11 5.8% 16 8.9% 13 6.7%
100万人都市(横浜市・大阪市・名古屋市・札幌市・神戸市・京都市・福岡市・川崎市・さいたま市・広島市・仙台市) 140 24.9% 59 20.3% 81 29.8% 50 26.5% 40 22.3% 50 25.6%
100万人都市以外の地域 297 52.8% 162 55.7% 135 49.6% 101 53.4% 95 53.1% 101 51.8%

子どもの頃、花火をしましたか?<必須・択一>(n=563)

答え 全体 男性 女性 20代 30代 40代
回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合
年に数回はしていた 456 81.0% 231 79.4% 225 82.7% 140 74.1% 145 81.0% 171 87.7%
ほとんどしなかった 89 15.8% 49 16.8% 40 14.7% 41 21.7% 30 16.8% 18 9.2%
したことがない 18 3.2% 11 3.8% 7 2.6% 8 4.2% 4 2.2% 6 3.1%

大人になった今でも花火をしたいと思うことはありますか?<必須・択一>(n=563)

答え 全体 男性 女性 20代 30代 40代
回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合
ある 384 68.2% 191 65.6% 193 71.0% 119 63.0% 128 71.5% 137 70.3%
ない 179 31.8% 100 34.4% 79 29.0% 70 37.0% 51 28.5% 58 29.7%

花火禁止の場所が多いと感じたことはありますか?<必須・択一>(n=563)

答え 全体 男性 女性 20代 30代 40代
回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合
ある 217 38.5% 121 41.6% 96 35.3% 75 39.7% 60 33.5% 82 42.1%
ない 346 61.5% 170 58.4% 176 64.7% 114 60.3% 119 66.5% 113 57.9%
答え 全体 (現在の住居が)東京23区 23区以外の東京 100万人都市(横浜市・大阪市・名古屋市・札幌市・神戸市・京都市・福岡市・川崎市・さいたま市・広島市・仙台市) 100万人都市以外の地域
回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合
ある 217 38.5% 45 52.3% 13 32.5% 60 42.9% 99 33.3%
ない 346 61.5% 41 47.7% 27 67.5% 80 57.1% 198 66.7%
答え 全体 (今でも花火をしたいときが)ある ない
回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合
ある 217 38.5% 180 46.9% 37 20.7%
ない 346 61.5% 204 53.1% 142 79.3%

公園や河原などの場所ごとに花火に関するルールを定めている自治体も一部ありますが、近隣に住宅がある場合どの規制が最も適切だと思いますか?<必須・択一>(n=563)

答え 全体 男性 女性 20代 30代 40代
回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合
すべての花火を時間規制する(午後10時~午前6時の花火遊びを禁止など) 171 30.4% 73 25.1% 98 36.0% 54 28.6% 57 31.8% 60 30.8%
音の出る花火を時間規制する(午後10時~午前6時の花火遊びを禁止など) 113 20.1% 57 19.6% 56 20.6% 37 19.6% 33 18.4% 43 22.1%
個人でマナーを守ればいいので規制は必要ない 92 16.3% 54 18.6% 38 14.0% 31 16.4% 33 18.4% 28 14.4%
音の大きな花火のみ禁止にする 90 16.0% 46 15.8% 44 16.2% 37 19.6% 26 14.5% 27 13.8%
全面的に花火を禁止する 82 14.6% 55 18.9% 27 9.9% 29 15.3% 25 14.0% 28 14.4%
その他 15 2.7% 6 2.1% 9 3.3% 1 0.5% 5 2.8% 9 4.6%
答え 全体 (今でも花火をしたいときが)ある ない
回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合
全面的に花火を禁止する 82 14.6% 40 10.4% 42 23.5%
音の大きな花火のみ禁止にする 90 16.0% 62 16.1% 28 15.6%
すべての花火を時間規制する(午後10時~午前6時の花火遊びを禁止など) 171 30.4% 131 34.1% 40 22.3%
音の出る花火を時間規制する(午後10時~午前6時の花火遊びを禁止など) 113 20.1% 84 21.9% 29 16.2%
個人でマナーを守ればいいので規制は必要ない 92 16.3% 56 14.6% 36 20.1%
その他 15 2.7% 11 2.9% 4 2.2%
※小数第二位で四捨五入
<調査対象> 有効回答数:563名
調査日:2009年7月13日~16日
男女比:男性:51.7% 女性:48.3%
年代比:20代:33.6% 30代:31.8% 40代:34.6%
パネル:無料メール転送サービスCLUB BBQの会員
※携帯電話個人認証を利用し個人を特定したパネル
※調査データは回答結果データです。記事中に引用される数値はデータを元に解析された数値が用いられる場合があります。

トラックバック(0件)

このリサーチに対するトラックバックURL
リサーチのお問い合わせ
リサーチのお問い合わせ
rTYPEアプリをリリースしました

注目記事

コンタクト購入店・満足店ともに大差で「アイシティ」がNo.1 ~昨年に続き2年連続トップ

昨年実施したコンタクトレンズ購入店に関する意識調査。約1年後の現在はどのように利用店や満足店が変化し…

イクメンの親バカ行動1位は ~「子どもの写真を携帯の待受画面にしている」

現在では一般的に浸透してきている“イクメン”という言葉。“育児を積極的に行う男性(メンズ)”や“子育…

鼻づまりは大損?「クチがポカン」で魅力50%以上ダウン

今年もまもなく花粉飛散のピークがやってくる。花粉症で毎年鼻づまりとの戦いに苦慮している人も少なくない…