脳科学関連の書籍、ゲーム、テレビに興味がある5割

2009/06/19 10:00

カテゴリー

  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  • livedoorクリップに追加
  • del.icio.us
  • nifty
  • Buzzurl
  • イザ!
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このページを行き先登録
  • newsing it!
脳科学に関する意識調査

賛否両論「ゲーム脳」の存在
 ~「脳ブームは過剰になっていると思う」男性の2割が懸念


脳科学「商品に興味ある?」
詳細なデータは、アイシェアの市場調査ページ「rTYPE」でご覧いただけます。
【通常のグラフはこちらをクリックしていただくとご覧いただけます】

脳科学者の活躍を描いたドラマ「MR.BRAIN」が高視聴率をマークしたり、脳科学者・茂木健一郎氏の著作「脳を活かす」シリーズが人気を博している。一方で、脳科学は科学的根拠がないなど批判的な見解を示す人も少なくないのもまた事実だ。そこで、20代から40代のネットユーザーに対し、脳科学に対する意識調査を実施、597名の回答を集計した。

脳科学関連の書籍、ゲーム、テレビに興味が「ある」としたのは約半数の52.1%。しかし男女別に見ると「興味あり」とした男性は47.2%なのに対し女性は57.9%と10.7ポイント多く、女性の関心度の高さが目立つ。

これらに興味があると答えた人のうち、実際に脳科学関連の商品を購入したことがある人は38.9%。購入したものを具体的にあげてもらうと、「脳を鍛える大人のDSトレーニング」をはじめとする「脳トレ」関連のゲームソフトが大半を占めた。

さらに、脳科学に関するテレビを見るかについても聞いたところ、「脳科学者が出演している番組は見る(23.8%)」、「脳科学者が出演している番組もドラマも見る(12.7%)」を合わせた36.5%が『見る』と回答。脳科学関連の書籍・ゲーム等に興味が「ある」とした人は特にテレビ番組への関心も高く、「脳科学者が出演している番組は見る(39.5%)」、「脳科学者が出演している番組もドラマも見る(20.6%)」と合わせて6割以上が関心を示した。

では、現在の脳ブームについてネットユーザーはどう思っているのか。自分の考えに最も近いものを一つ選んでもらうと、「脳科学は信用できると思う」は2.3%だったが、「楽しんで見られるので良いと思う」が20.9%、「自分で情報の取捨選択をすればよいと思う」では46.6%で、合わせると69.8%が脳ブームを肯定。脳科学関連の書籍やゲーム等に興味ありと回答した人では、肯定派が87.8%に達した。しかし一方で、「脳ブームは過剰になっていると思う(15.6%)」、「脳に関しては解明されていないことが多いのであまり信用できないと思う(9.0%)」を合わせた否定派も全体の24.6%おり、脳科学関連の書籍やゲーム等に興味が「ない」人では40.6%を占めた。

ちなみに、テレビゲームやコンピューターゲームのやりすぎは脳に悪影響を及ぼすという「ゲーム脳」理論が一時メディアでも話題となったが、このゲーム脳が存在すると思うかとの問いには「存在すると思う」が25.6%、「存在しないと思う」が26.8%と賛否が拮抗しているが、脳科学関連の書籍やゲーム等に興味が「ある」人は「ない」人より19ポイント高い34.7%が「存在すると思う」と回答した。

こうしてみると、脳科学については科学的な根拠がないなどの批判もあるものの、脳ブーム肯定派は学術的な意義よりもそのエンターテイメント性を評価している様子がうかがえる。脳科学自体はまだ謎も多く今後も様々な論議を呼ぶだろうが、この出版・ソフト分野における脳ブームはしばらく続くのかもしれない。

調査はブロガー向け情報サイト「ブロッチ」などネットマーケティングを展開する株式会社アイシェアが、同社の提供するサービス会員をパネラーとして行った。
<調査データ>

脳科学関連の書籍、ゲーム、テレビに興味はありますか?<必須・択一>(n=597)

答え 全体 男性 女性 20代 30代 40代
回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合
ある 311 52.1% 153 47.2% 158 57.9% 96 43.4% 101 56.1% 114 58.2%
ない 286 47.9% 171 52.8% 115 42.1% 125 56.6% 79 43.9% 82 41.8%
答え 全体 (脳関連の書籍等に興味が)ある ない
回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合
脳科学者が出演している番組は見る 142 23.8% 123 39.5% 19 6.6%
脳科学者が出演している番組もドラマ見る 76 12.7% 64 20.6% 12 4.2%
見ない 379 63.5% 124 39.9% 255 89.2%

【脳科学に興味がある方 限定】本やゲームなど脳科学に関係する商品を購入したことがありますか?<必須・択一>(n=311)

答え 全体 男性 女性 20代 30代 40代
回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合
ある(※何を購入したか教えてください) 121 38.9% 61 39.9% 60 38.0% 38 39.6% 46 45.5% 37 32.5%
ない 190 61.1% 92 60.1% 98 62.0% 58 60.4% 55 54.5% 77 67.5%

脳科学に関するテレビを見ますか?<必須・択一>(n=597)

答え 全体 男性 女性 20代 30代 40代
回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合
脳科学者が出演している番組は見る 142 23.8% 79 24.4% 63 23.1% 43 19.5% 43 23.9% 56 28.6%
脳科学者が出演している番組もドラマ見る 76 12.7% 28 8.6% 48 17.6% 20 9.0% 20 11.1% 36 18.4%
見ない 379 63.5% 217 67.0% 162 59.3% 158 71.5% 117 65.0% 104 53.1%

現在の脳ブームについてどう思いますか?あなたの考えに最も近いものを教えてください。<必須・択一>(n=597)

答え 全体 男性 女性 20代 30代 40代
回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合
脳科学は信用できると思う 14 2.3% 7 2.2% 7 2.6% 3 1.4% 6 3.3% 5 2.6%
楽しんで見られるので良いと思う 125 20.9% 56 17.3% 69 25.3% 52 23.5% 38 21.1% 35 17.9%
自分で情報の取捨選択をすれば良いと思う 278 46.6% 142 43.8% 136 49.8% 91 41.2% 84 46.7% 103 52.6%
脳ブームは過剰になっていると思う 93 15.6% 65 20.1% 28 10.3% 44 19.9% 25 13.9% 24 12.2%
脳に関しては解明されていないことが多いのであまり信用できないと思う 54 9.0% 37 11.4% 17 6.2% 22 10.0% 15 8.3% 17 8.7%
その他 33 5.5% 17 5.2% 16 5.9% 9 4.1% 12 6.7% 12 6.1%
答え 全体 (脳関連の書籍等に興味が)ある ない
回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合
脳科学は信用できると思う 14 2.3% 10 3.2% 4 1.4%
楽しんで見られるので良いと思う 125 20.9% 96 30.9% 29 10.1%
自分で情報の取捨選択をすれば良いと思う 278 46.6% 167 53.7% 111 38.8%
脳ブームは過剰になっていると思う 93 15.6% 24 7.7% 69 24.1%
脳に関しては解明されていないことが多いのであまり信用できないと思う 54 9.0% 7 2.3% 47 16.4%
その他 33 5.5% 7 2.3% 26 9.1%

ゲーム脳は存在すると思いますか?<必須・択一>(n=597)

答え 全体 男性 女性 20代 30代 40代
回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合
存在すると思う 153 25.6% 76 23.5% 77 28.2% 36 16.3% 56 31.1% 61 31.1%
存在しないと思う 160 26.8% 113 34.9% 47 17.2% 79 35.7% 50 27.8% 31 15.8%
わからない 284 47.6% 135 41.7% 149 54.6% 106 48.0% 74 41.1% 104 53.1%
答え 全体 (脳関連の書籍等に興味が)ある ない
回答数 割合 回答数 割合 回答数 割合
存在すると思う 153 25.6% 108 34.7% 45 15.7%
存在しないと思う 160 26.8% 67 21.5% 93 32.5%
わからない 284 47.6% 136 43.7% 148 51.7%
※小数第二位で四捨五入
<調査対象> 有効回答数:597名
調査日:2009年6月1日~4日
男女比:男性:54.3% 女性:45.7%
年代比:20代:37.0% 30代:30.2% 40代:32.8%
パネル:無料メール転送サービスCLUB BBQの会員
※携帯電話個人認証を利用し個人を特定したパネル
※調査データは回答結果データです。記事中に引用される数値はデータを元に解析された数値が用いられる場合があります。

トラックバック(1件)

このリサーチに対するトラックバックURL

脳科学に関する意識調査(メディア掲載実績 | rTYPE アイシェアオンラインリサーチサービス 市場調査公開)2009/07/01 13:22

リサーチのお問い合わせ
リサーチのお問い合わせ
rTYPEアプリをリリースしました

注目記事

コンタクト購入店・満足店ともに大差で「アイシティ」がNo.1 ~昨年に続き2年連続トップ

昨年実施したコンタクトレンズ購入店に関する意識調査。約1年後の現在はどのように利用店や満足店が変化し…

イクメンの親バカ行動1位は ~「子どもの写真を携帯の待受画面にしている」

現在では一般的に浸透してきている“イクメン”という言葉。“育児を積極的に行う男性(メンズ)”や“子育…

鼻づまりは大損?「クチがポカン」で魅力50%以上ダウン

今年もまもなく花粉飛散のピークがやってくる。花粉症で毎年鼻づまりとの戦いに苦慮している人も少なくない…